美容サプリを選ぶ際のポイントなど

偏った食生活を正すためにサプリメントに頼るのも手です。不足している栄養分を補給するために利用してください。選び方には含まれている栄養素をチェックしたり、どこで作られたかを見るなどのコツがあります。

色んな栄養素が含まれているものを選ぶ

栄養素は複数のものを摂取することで体に吸収されます。コラーゲンしか含まれていないサプリメントを飲むよりも、ビタミンCなど他のものも入っていた方が効果が期待できます。パッケージに単体で栄養の名前が書いてあるものは避けましょう。

国産か外国製かの違い

日本ではサプリメントは医薬品か食品に分けられます。食品のものは明確な効果をうたうことができません。信頼できるメーカーのものなのかを確認し、成分表示をみて自分に合ったものを選ぶようにしてください。

例えばアメリカであれば、日本よりも厳しい基準でサプリメントはつくられています。国産のものが気休めにしかならない可能性があるのに対して期待できる部分が多くあります。個人輸入代行をしてくれる企業もあるので、利用して入手するのも一つの手段です。

カプセルか粉末状のものを選ぶ

錠剤のものは固めるために添加物を使用していることがあります。栄養素の割合がその分低くなってしまうので、なるべくカプセルか粉末状のものを選ぶようにしてください。

なるべく天然由来の成分だけで作られているものをのみましょう。人工的なものは吸収が悪く、栄養を跳ね返してしまう恐れがあります。成分表示に具体的な食材(りんご、オレンジ、パセリなど)が書かれているかどうかを確認します。

加熱処理をしていないかどうかをチェック

高温で加熱してしまうと栄養素が壊れてしまう恐れがあります。なるべく低温処理をしているものを選びましょう。通常のものよりもコストがかかるので、高額な場合があります。なかなかパッケージで製造工程まで書いてあるものはありませんが、インターネットなどでも調べるようにしてください。

美容サプリメントを選ぶ際にはさまざまなことに注意しなければなりません。気休めにお金を払うことがないように正しい知識を身につけましょう。

個人輸入代行が得な理由

海外の商品が欲しいと思っても、購入するまで一手間あったり、金銭的な面で厳しい事があります。

例えば、アメリカ製のアパレルショップで販売されている、洋服のデザインが気に入り欲しいと思ったとします。
国内であれば、その店に行って買うなり、ネットショップがあれば通販で購入したりします。
しかし、アメリカまで買い付けに行くわけにもいかず、メールや電話で欲しい旨を伝えたとします。
その、ショップのオリジナル製品であれば、郵送して貰うなりで何とかなるかも知れませんが関税が発生します。
個人輸入で、自己使用目的であれば、税率は低いのですが発生します。
ブランド品であれば、著作権があるので属する会からの許可証が、必要の場合があります。
これらを、一度に大量で注文すると商売目的と、判断される場合もありますのでご注意ください。
そこで、活躍するのが代行です、海外のネットショップで販売されている商品はほぼ可能です。

ここ最近は、海外の医薬品も個人輸入代行で行われていたりします、手数料は様々ですので内容を確認して購入しましょう。
送料も、安いサイトもあるのでチェックしてみて下さい。
医薬品に関しては、厚生労働省が定めた基準と、薬事法に則り個人消費分の購入が可能です。
詳しくは、薬 通販の専門サイトをご確認下さい。

新着情報

◆2016/02/25
美容サプリを選ぶ際のポイントなどの情報を更新しました。
◆2014/05/13
管理者情報の情報を更新しました。
◆2013/03/04
ドラッグストアの薬剤師を新規投稿しました。
◆2013/03/04
かかりつけの医者を新規投稿しました。
◆2013/03/04
高齢者の介護を新規投稿しました。